コーヒーマシーン(バリスタ)で安否確認

コーヒーマシーン(バリスタ)で安否確認

高齢者の見守りサービスも選択肢が増えてくる中、ネスレ日本も安否確認サービスをはじめました。

 

コーヒーメーカーを使った見守りです。

 

ネスカフェアプリに登録することで、
いつコーヒーを飲んだか、
どんな気分で飲んでいるかなど、
遠く離れていても知ることができる仕組みです。

 

コーヒーマシンを使った履歴から、離れて暮らす高齢者の安否確認(見守り)を可能にしたんですね。

 

 

コーヒーマシーンが無料でもらえる

「コーヒーカートリッジのお届け便」を申し込むと、通常価格7980円のコーヒーマシーンが、今なら無料でもらえます。

 

安否確認もかねて、離れて暮らす親にプレゼントするのもいいですね!

 

安否確認,高齢者,見守りサービス,独居老人,一人暮らし

バリスタi [アイ] 無料キャンペーン

 

加藤あいさんの「バリスタi」CMはコチラ

 

 

美味しいコーヒーのある朝食

朝食を軽めのパンですませる高齢者が増えてきました。

 

薫り高い美味しいコーヒーがあるだけで、いつもの朝食がグレードアップします。

 

「バリスタi」は、デザインもスタイリッシュ

 

5種類のコーヒーメニューから選べます。

  • カプチーノ
  • カフェラテ
  • エスプレッソタイプコーヒー
  • ブラックコーヒー

安否確認,高齢者,見守りサービス,独居老人,一人暮らし

 

ネスレのバリスタマシーンの無料提供は期間限定なので、申し込みはお早めに。

 

 

利用頻度が少なければ安否確認にならない…

ここでネックになるのは、見守りを必要としている高齢者が、バリスタを使って毎日どのくらいコーヒーを飲むかということではないでしょうか。

 

コーヒーが大好き。
朝ごはんはトースト、毎日定期的にコーヒーを飲んでいます。

 

…という方であれば、プレゼントしても喜ばれますし、安否確認としても有効でしょう。

 

ただ利用頻度が少なければ、いくら履歴を見ることができても「安否確認」の意味を成さないともいえます。

 

ならば、まだ日常的に利用する「湯沸しポット」や「ガスの使用料」で見守る方が現実的な選択かもしれません。

 

緊急時の駆けつけには対応していない

コーヒーマシン、湯沸しポットなどの見守りは、緊急時に駆けつけられる距離に身内が住んでいる場合は、有効な安否確認システムだと思います。

 

しかし、遠距離で離れて暮らす親の見守りには、緊急時に対応できる環境を整えておく事も忘れてはいけないでしょう。

 

60代はまだまだ元気ですが、後期高齢者と言われる75歳を過ぎると、健康面・生活面から見守りや安否確認について真剣に考える時期だと思います。

 

アルソック見守りサポート

高いと思われがちなセコムやアルソックなどのサービスですが、調べてみると月額3000円ほどのプランもあり、手頃な料金で利用できるのをご存知ですか?

 

アルソックの見守りサポート

 『ゼロスタートプラン
 月額費用2960円(税別)

 

3つの大きな安心
  • ボタン1つで駆けつけ
  • 24時間いつでも相談できる
  • 救急情報登録

 

セコムの利用料金

必要なオプションの組み合わせで費用も変わります。発信拠点の多さはトップレベルです。

老人を対象とした安否確認サービスはさまざまなものがあります。

 

まずはどのようなサービスがあるのか情報を集めることです。
そして十分に比較検討することが大事です。

 

【資料請求先(無料)はこちら】

ALSOKみまもりサポート

 

セコムの高齢者緊見守りサービス

  

お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】資料請求

  

 

※閲覧の多い記事
高齢者見守りサービスを選ぶ際のポイントとは
アルソックの見守りは安否確認にかけつける
セコム(SECOM)の利用料金は高い?

 

関連ページ

ポットによる見守り(高齢者安否確認)
見守りホットラインiPot(象印)は独居老人(お年寄り)の元気な生活をそっと見守るポットを利用した高齢者安否確認システムです。ポットの利用状況を1日2回指定の時刻にEメールで受け取ることができます。
東京ガスの「みまもーる」(高齢者安否確認)
ガスの使用料で独居老人(お年寄り)の安否確認を行なう「みまもーる」は東京ガスの高齢者見守りサービスです。毎日のガスの利用状況を携帯電話のeメールやパソコンで受け取ることができます。
高齢者向け宅配弁当で安否確認
高齢者安否確認サービスも色々あります。宅配弁当・見守りポット・ガスの使用量・webカメラなど独居老人対象のみまもりサービスの安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供などをさまざまな角度から比較してみます。
ドコモの見守りアプリ「つながりほっとサポート」(高齢者安否確認)
ドコモの安否確認見守りアプリ「つながりほっとサポート」はらくらくスマートフォンを持つ人の体調や利用状況をあらかじめ登録してあるメンバーに自動で知らせるアプリケーションサービスです
フォトスタンド型見守り・安否確認「ミマモリエ」
「ミマモリエ」は、離れて暮らす親をフォトスタンドででそっと見守る高齢者を対象とした安否確認システムです。カメラや音声の機能はなくプライバシー重視型です。
西部ガスの高齢者安否確認(見守りさんかけつけさん)
西部ガスでは、福岡、熊本、佐賀の緊急通報、安否確認、見守り、駆け付けを複合させたサービスを行っています。
『みまも郎』高齢者見守り・安否確認サービス
『みまも郎』はアイテックが提供している高齢者見守り・安否確認サービスです。高いと思われがちなセコムやアルソックなどのセキュリティーサービスですが、調べてみると月額3000円くらいから利用できるプランもあります。
『シルバーふくろうくん』高齢者見守りサービス
『シルバーふくろうくん』高齢者見守り・安否確認はにしけいが提供している高齢者安否確認サービスです。人感センサー,ウエブカメラ、緊急時の駆けつけなどのサービスが定評です。
『シニアセキュリティ』東急の高齢者見守り
『シニアセキュリティ』東急セキュリティが提供している高齢者見守り・安否確認サービスです。人感センサー,緊急時の駆けつけなどのサービスが定評です。