家族葬とは (葬儀)

家族葬とは
家族・親族・親しい知人のみで心温かく故人を送る葬儀です。
葬儀社に依頼した時のような形式的なものと違い、義理での参列が
ないため、気がねなく、ゆっくり故人とのお別れができるのが特徴
といってもよいでしょう。

 

会社関係、町会などに声をかけないので、大げさにならず、シンプル
で、こじんまりと、あまり費用をかけずに行えます。

 

■一般葬との違い
・会葬礼状を作らない
・指差し看板を出さない(身内で行うため不要)
・葬儀供養なし(会葬者が少ないので用意しないケースが多い)
・名木を立てない
・香典の辞退(近親者のみの葬儀なので、辞退する場合が多い)

 ※一般葬との違いはあくまでも一般的な例で、形式は自由です。

 

家族葬は故人の遺志で選択されることが多くなりました。
残された家族を思って、葬儀費用の負担を軽くするため、遺言する
ケースがこれに当たります。

 

 

地域的な習慣は別として、葬儀には抗しなければならないという
「きまり」はありません。

 

 

家族葬は普通の葬儀の規模を小さくしたものではありません。
家族葬は故人と家族のお別れを最も大切にしたスタイルの葬儀です。

 

 

密葬』と『家族葬』との違い
密葬は、後日「本葬」(お別れ会、しのぶ会、社葬)を行うことを前提に
している葬儀を指すものとされています
家族葬は葬儀の後、別にお別れ会など行う事はありません。
葬儀を一切行わず斎場へ送ることを「直葬」といいます。

 

 

<<斎場・葬儀社選びのポイント集>>
葬儀の費用 相場ってあるの?
エンディングノート
家族葬(葬儀の種類)
生前葬(葬儀の種類)
市民葬・区民葬(葬儀の種類)
直葬(葬儀の種類)

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

ページの先頭へ

エステサロンの種類
高齢者住宅・介護施設・老人ホーム 高齢者向け優良賃貸住宅 有料老人ホーム『入居一時金』 シルバー110  介護リフォーム助成金 シニア住み替え 高齢者見守りSECOM・ALSOK