市民葬とは (葬儀)

市民葬(しみんそう)とは
自治体が葬儀社と協定し、祭壇や霊柩車・火葬料金など最低限必要なもの
だけをセットにしたものです。

 

所得制限などはなく、亡くなった方か喪主がその地区に住んでい
れば誰でも使うことができます。

 

市民葬は市民の経済的負担を軽減するために、葬儀業者の協力に
より無駄をはぶき、簡素化することで低価格を実現しています。
しかし、多くの追加料金が発生するということも覚えておきましょう。
どこまでセットに含まれているのか自治体によっても違うので、
忘れずに確認しておくことをお勧めします。

 

一般的に祭壇や霊柩車・火葬料金などは含まれていますが、遺体保存
のためのドライアイス・遺影写真・斎場費用・バスチャーター代、
料理・返礼品・お布施などは全て別料金です。

 

テント代、椅子代、テーブル代なども一点一点別料金の場合もある
ので注意しましょう。

 

市民葬は無駄を省き低価格であるというメリットもありますが、
以下のようなデメリットもあります。

 

・葬儀社を選ぶことができない(指定された葬儀社でしか市民葬を扱えない)
・斎場(葬儀を行う場所)も公民館など公共の場所に限られる
・多くの追加費用が発生する
 (葬祭料に加え、ドライアイス、収骨用具、遺影写真、礼状、テント、
 椅子、霊柩車など)
・葬儀内容の変更ができない  など

 

注意したいのは、市民葬以外の料金を割高にして請求する業者もいる
ことです。数社見積もりを取って比べてみるとよいでしょう。

 

 

<<斎場・葬儀社選びのポイント集>>
葬儀の費用 相場ってあるの?
エンディングノート
家族葬(葬儀の種類)
生前葬(葬儀の種類)
市民葬・区民葬(葬儀の種類)
直葬(葬儀の種類)

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

ページの先頭へ

エステサロンの種類
高齢者住宅・介護施設・老人ホーム 高齢者向け優良賃貸住宅 有料老人ホーム『入居一時金』 シルバー110  介護リフォーム助成金 シニア住み替え 高齢者見守りSECOM・ALSOK