生前葬とは(葬儀)

生前葬(せいぜんそう)とは
本人が生きているうちに、本人の意思で行う葬儀です。

 

特に決まり事はなく、心からお別れを伝えておきたい方だけに声をかけ
ることができ、明るい雰囲気の会が多く見られます。
また、自身の葬儀を自らでプロデュースできるところが大きな特徴です。

 

生前葬は葬儀に喪主として出席できるので、自分の希望に沿った葬儀を
行う事ができます。加えて、縁のある方だけでなくお世話になった方々
に直接お別れとお礼を述べることができる点を、生前葬選択のポイント
にしておられます。

 

生前葬と一言で行っても形式はさまざまで、葬儀社の提案する一般的な
ものとは違って、音楽葬、演劇葬、カラオケ大会など暗さがありません。
会場はホテルや旅館などを使う方が多いようです。

 

生前葬は告別式と似たような意味合いがあり、生前葬を行った場合でも
本人が死亡した場合、家族などのごく近い関係者のみの密葬を行うこと
が多いようです。

 

一つには、死亡後すぐに火葬はできないため、密葬という形で家族など
で最後のお別れをするのです。

 

生前葬はまだ一般的には浸透していないため、招待者が困惑しないよう、
具体的な説明や配慮が必要です。
招待状には、葬儀での服装はどのようなものを着ていけばよいか、香典
は受け取るのか辞退するのか、なども書いておくとよいでしょう。
いずれにしても、生前葬を行う場合は、参列者に快く出席してもらえる
ような配慮が欠かせません。

 

<<斎場・葬儀社選びのポイント集>>
葬儀の費用 相場ってあるの?
エンディングノート
家族葬(葬儀の種類)
生前葬(葬儀の種類)
市民葬・区民葬(葬儀の種類)
直葬(葬儀の種類)

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

ページの先頭へ

エステサロンの種類
高齢者住宅・介護施設・老人ホーム 高齢者向け優良賃貸住宅 有料老人ホーム『入居一時金』 シルバー110  介護リフォーム助成金 シニア住み替え 高齢者見守りSECOM・ALSOK