葬儀社はすぐに決めない

葬儀社選びのポイント その①

 

葬儀社はすぐに決めない(即決しない)

 

葬儀はやり直しがきかないうえ、一度契約してしまうとキャンセル料が必要になる場合もあるからです。

 

葬儀の習慣は地方によっても違いがあるので、地元の葬儀社・斎場を選ぶ方が無難ですが、可能であれば数社に見積もりを依頼してみましょう。

 

見積もりを依頼する際、「複数の葬儀社に相談にのってもらいます」
と、あらかじめ伝えておくと、断る際もスムーズです。

 

病院や介護施設などで亡くなると、病院や介護施設指定の葬儀社を紹介されると思います。葬儀社によっては、指定を受けるために「権利金」などを支払い、割高な料金設定をにしている場合もあります。
葬儀社にはまず自宅などへの遺体の搬送のみを頼み、よく考えてからあらためて依頼しても決して遅くはないと思います。

 

突然の「死」に直面すると、動揺してしまい、あわてて全てをすぐに決めてしまわなければならないと思ってしまうかもしれません。
しかし、葬儀を行うまでには、多少の時間もありますし、半日や1日ほど考えても遅くはないといわれています。

 

<<斎場・葬儀社選びのポイント!>>
葬儀の費用 相場ってあるの?
葬儀社はすぐに決めない
葬儀の詳しい見積もりで比較する
葬儀社・担当者との相性
年長者など周りの意見も聞いてみる
葬儀社との交渉で困ったら

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

ページの先頭へ

エステサロンの種類
高齢者住宅・介護施設・老人ホーム 高齢者向け優良賃貸住宅 有料老人ホーム『入居一時金』 シルバー110  介護リフォーム助成金 シニア住み替え 高齢者見守りSECOM・ALSOK