葬儀社・担当者との相性

葬儀社選びのポイント その③

 

葬儀社・担当者との相性

 

葬儀社・担当者との相性は、葬儀の満足度を大きく左右する要素です。
葬儀の満足度は、葬式にかける費用とは比例しないと言われているポイントが、この部分だと言ってもよいでしょう。

 

葬儀の予備知識がない遺族にとって、葬儀社の担当社員は一番頼りにしたい人です。地域の事情に通じ、遺族の要望に少しでも応えようとする姿勢が必須です。

 

葬儀社によっては、給料体系が歩合制のところもあるので、トラブルを避けるためにも、葬儀社に全てを任せない一任しないことも重要です。

 

葬儀社によっては打ち合わせと実際の葬儀、また集金などが全て違う担当者の場合もあります。
遺族の意向を的確に反映してもらうには、一貫した担当者が付いてくれる葬儀社が理想です。

 

どの葬儀社にお願いしたらよいか判断に迷ったら・・・
「この葬儀社、この担当者にお願いしたい」
と思うかどうかを判断基準にすると決めやすいのではないでしょうか。

 

遺族の意向にそった葬儀よりも、「これが一般的です」というような既存の設定プランを強力に勧めるような葬儀社は論外です。

 

<<斎場・葬儀社選びのポイント!>>
葬儀の費用 相場ってあるの?
葬儀社はすぐに決めない
葬儀の詳しい見積もりで比較する
葬儀社・担当者との相性
年長者など周りの意見も聞いてみる
葬儀社との交渉で困ったら

コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

ページの先頭へ

エステサロンの種類
高齢者住宅・介護施設・老人ホーム 高齢者向け優良賃貸住宅 有料老人ホーム『入居一時金』 シルバー110  介護リフォーム助成金 シニア住み替え 高齢者見守りSECOM・ALSOK