直葬とは (葬儀)

直葬(ちょくそう)とは
臨終後、通夜や葬儀をせず火葬のみを行うことをいいます。
(身内だけでお葬式をおこなう家族葬や密葬とは異なります)
最近は葬儀業者の広告などでも「直葬」の文字を見かけるよう
になりました。

 

「直葬(火葬のみ)」を選ぶ方の理由は様々です。
本人が葬儀を希望しない(葬儀を行うことへの疑問)
親族がほとんどいない(身寄りがない)
費用をかけたくない(経済的な事情) など。

 

直葬の場合、葬儀に参加してお別れをしたかった親族や知人への
対応を考えておく必要があります。誤解のないように、葬儀を
行わない(行わなかった)旨の連絡をしましょう。
また、火葬後に焼香をさせて欲しいという連絡が沢山あるかもしれない
ことも考慮しておきましょう。
簡単に済まそうと考えたのに、逆に大変だったということもあります。

 

年金暮らしで、葬儀のお金を工面するため、日常の生活を切
り詰めて暮らすというのも本末転倒。
しかし、お布施などを含めた葬儀費用は全国平均で199万円
(日本消費者協会2010年調査)と、決して安くはありません。

 

自治体によっては、国民健康保険の加入者等がなくなった場合
葬儀後に申告すれば「葬祭費(埋葬費)」の支給があります。
また、「市民葬」「市営葬」などを行っている自治体もあります。

 

多くの葬儀社やお寺は、事情を率直に説明することで、費用を
かけない葬儀の相談にものってくれます。
見送る方があまりにも少ない場合、葬儀会社の方が参列者と
なって見送ってくださるところもあります。

 

核家族化が進み、見送る人がいないという人も増えてきました。
最近では「おひとり様」同士がお互いを見送るという会もあり
ます。福岡市のNPO「自分らしい葬送を考える会」もそういった
交流会のメンバー同士で見送るという会です。
2ヶ月に一度交流会をを開き親交を深め、お互いを見送る間柄を
築いていくというものです。

 

<<斎場・葬儀社選びのポイント集>>
葬儀の費用 相場ってあるの?
エンディングノート
家族葬(葬儀の種類)
生前葬(葬儀の種類)
市民葬・区民葬(葬儀の種類)
直葬(葬儀の種類)

 

斎場葬儀社選びのポイント


葬儀の種類

サイト内検索

  



各地の斎場・葬儀社

関東地区の斎場・葬儀社
東京  千葉  埼玉
栃木  群馬  茨城
神奈川


中部・北陸地区の斎場・葬儀社
愛知県 静岡県


北海道・東北の斎場・葬儀社
北海道


関西地区の斎場・葬儀社
大阪  兵庫


九州地区の斎場・葬儀社
福岡  熊本

サイト内検索

カテゴリ一覧



免責事項

「斎場・葬儀社選びのポイント・葬儀とお金の話」は情報の最新性、正確性に重点を置いて作成しておりますが、記述内容、リンク先の内容について保証するものではありません。
<管理人へメール>
sarada63★live.jp
(迷惑メール防止のため★を@に変えて送信ください)

ページの先頭へ

エステサロンの種類
高齢者住宅・介護施設・老人ホーム 高齢者向け優良賃貸住宅 有料老人ホーム『入居一時金』 シルバー110  介護リフォーム助成金 シニア住み替え 高齢者見守りSECOM・ALSOK