高齢者見守りサービスセコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)を徹底比較!

高齢者見守りサービスを選ぶ際のポイントとは

高齢者の見守りサービスにも様々なものがあります。

 

  • セコム(SECOM)やアルソック(ALSOK)などのセキュリティ会社による見守り
  • ポットの使用量を日々通知してくれるもの
  • ガスや電気の使用量を日々通知してくれるもの
  • スマートフォンを持つ人の体調や利用状況の情報を共有できるアプリ
  • コーヒーメーカーの使用履歴を通知してくれるもの

など、サービスも形態も料金もさまざまです。

 

高齢者の安否見守りシステムを選ぶ祭に重要な事は
今必要なサービス、近い将来必要になるであろうサービスをより多く、そして迅速に、適正な価格で提供しているものを選ぶこと です。

 

また見守られる老人側が、どの程度の見守りを希望しているのかも大事ですね。

 

高齢者のみまもりに関して、当サイトでは特にセコム(SECOM)やアルソック(ALSOK)に絞って比較しています。

 

それは、湯沸かしポットやガスの使用量を知らせるだけのみまもりサービスには限界があるからです。

 

生活パターンを知らせてくれるだけのサービスには、緊急通報や安否確認のための出動はありません。

 

ホームセキュリティと聞くと、費用を心配してしまいがちですが、様々なサービスが開始されているのでまずは情報を集めましょう。

 

そして、ある程度方向性が決まったら価格や仕様を知るためにも、資料を請求し、様々な角度から比較検討なさることをお勧めします。

 

セコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)、この2社だけでも比較してみるとかなりサービスに違いがあることがわかります

 

資料請求の際はスピードや資料請求後の対応もチェック。
対応スピードは、その会社のサービスを知るための一つのポイン
といえるでしょう。

 

 

【資料請求先(無料)はこちら】

ALSOKみまもりサポート

 

⇒セコムの高齢者 安否見守りサービス


お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】資料請求

  

 

※閲覧の多い記事
高齢者安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
それでもセコムの見守りが選ばれる理由
セコムの高齢者見守り月額3000円〜ってほんと?
アルソックの見守りは安否確認にかけつける
アルソック(ALSOK)なら初期費用0円の「ゼロスタートプラン」もある


高齢者住宅・施設住み替え情報館