高齢者見守りサービスセコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)を徹底比較!

セコム(SECOM)は「ライフ監視」で高齢者をさりげなく見守ります

セコム(SECOM)のセキュリティーシステムは、高齢者(シニア)の見守りにも力を入れています。

 

通常のセキュリティーシステムに、オプションで「ライフ監視」を追加することで、一人暮らしの高齢者の安否確認ができます

 

室内の人の動きをセンサーで確認、一定の時間動きが確認できないと、即座に異常信号をセコムに送信。

 

セコムのコントロールセンターは確認の電話の後、必要に応じて緊急隊所員(ヒートエンジニア)に急行を指示します。

 

セコムの強みは緊急の発進拠点が多いところです。

 

一人暮らしの老人がSOSを出したとき、すぐに駆けつけられる場所に発進拠点がなければ意味がありません。
サービスの内容を比較する場合は、緊急時のセコムの対応拠点がどの位の距離にあるのかも確認しておきましょう。

 

離れた場所に住む家族、特に高齢であれば心配は尽きません。
費用も気になりますよね。
まずは今必要なサービス、今後必要になるであろうサービスを整理すること。そして情報を集めることだと思います。

 

セコムは業界でも最大手、経験と品質に定評があります。
まずは価格や仕様を知るためにも、資料を請求してみてはいかがでしょうか。

 

パンフレットを見ると、すぐに決めてしまいたい衝動に駆られてしまいますが、高齢者の見守りサービスを選ぶ際、他社との比較は大切です。
資料請求一つからサービスの比較は始まります。

 

スピードと資料請求後の対応は重要。
その一つ一つが緊急時の対応・サービス会社の姿勢を知るための大きな要素になるからです。

 

 

【資料請求先(無料)はこちら】

ALSOKみまもりサポート

 

セコムの高齢者緊見守りサービス

  

お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】資料請求

  

 

※閲覧の多い記事
高齢者見守りサービスを選ぶ際のポイントとは
アルソックの見守りは安否確認にかけつける
アルソックの高齢者見守りサービス「まもるっく」

関連ページ

セコム(SECOM)の利用料金は高い?
セコム(SECOM)の高齢者見守りサービスをアルソックと比較すると料金体系ははっきり言って「高め」です。しかし長年の実績と経験、品質、発進拠点の多さが支持される理由です。
緊急出動対応の「セコム・マイドクタープラス」
セコム(SECOM)の高齢者見守りサービスのひとつ「マイドクタープラス」は外出先での緊急通報に対応しています。家族がすぐに駆けつけられない時セコムが急行、即時対応してくれるのは大きな安心です。
セコム(SECOM)の「マイドクター」高齢者の緊急時に即対応
セコム(SECOM)の高齢者見守りサービスのひとつ「マイドクター」は家の中で携帯できるペンダントタイプの緊急通報ボタン。簡易防水型で浴室にも持ち込めるため独居高齢者のお風呂も安心です。
マイドクター・マイドクタープラス・ココセコムの比較
セコム(SECOM)の高齢者見守りサービスのひとつ「マイドクタープラス」は外出先での緊急通報に対応しています。家族がすぐに駆けつけられない時セコムが急行、即時対応してくれるのは大きな安心です。
セコム(SECOM)カメラによる高齢者の見守りサービス
セコム(SECOM)カメラによる高齢者の見守りサービスが無線画像伝送システムです。カメラと通知ボタンを設置することにより外出先からも携帯電話で安否確認ができます。セコムによる緊急時の出動はありません。