高齢者見守りサービスセコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)を徹底比較!

アルソック(ALSOK)はお得で安全なネットを使ったセキュリティサービス

アルソック(ALSOK)は、インターネット網を使った警備信号により、365日24時間体制で異常事態、非常通報に対応しています。

 

見守られる側の自宅にブロードバンド回線が必要になってきますが初期費用0円の「ゼロスタートプラン」であれば、料金的にも導入しやすいのではないでしょうか。

 

象印の湯沸かしポットを使った安否見守りサービスでも月額の使用料は月額3000円(税別2016年現在)。

 

どの程度の見守りを希望するかにもよりますが、ネックは緊急事態に「すぐに駆けつけられる距離にいるかいないか」でしょう。

 

遠隔非常ボタンを押すと、アルソックのガードマンが急行(無料)してくれる事を考えると、かなり検討の余地がありそうです。

 

また、連絡が付かない等安否が心配な時、家族に代わって急行・安否確認してもらえる(有料)アルソックのサービスは、セコムにはありません。

 

カメラを使った見守りに抵抗がある方にも、老人であれば体調の急変などの不安はつきものです。

 

プライバシーに配慮しつつ、緊急時に急行してもらえるアルソックの見守りは、経験をもとによく考えられたセキュリティサービスだと思います。

 

 

離れた場所に住む高齢者の安否見守りサービスを検討する場合、見守られる側のプライバシーと、見守る側の負担、それぞれの家庭の事情にあったサービスを選ぶことがポイントです。

 

そのためには、どのようなサービスがあるのか情報を集めることです。
まずは資料を集め十分に比較しましょう。

 

資料請求する場合、必ず数社から資料を取り寄せ、価格・仕様に加え、スピード、資料請求後の対応もチェックします

 

スピードと資料請求後の対応は重要。
その会社の緊急時の対応・サービスを知るための大きな要素になります。

 

 

【資料請求先(無料)はこちら】

ALSOKみまもりサポート

 

⇒セコムの高齢者 安否見守りサービス


お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】資料請求

  

 

※閲覧の多い記事
高齢者安否見守りサービスを選ぶ際のポイントとは
アルソックの見守りは安否確認にかけつける
アルソック(ALSOK)なら初期費用0円の「ゼロスタートプラン」もある
それでもセコムの見守りが選ばれる理由
セコムの高齢者見守り月額3000円〜ってほんと?

 

緊急発進拠点地域
北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

関連ページ

アルソック(ALSOK)の「見守りサービス」は現場確認を依頼できるのが強み
高齢者 安否見守りサービスの必要性が高まる中secom(セコム)とALSOK(アルソック)のサービスを比較をしてみました。独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較してみます。
アルソックの高齢者見守りサービス「まもるっく」
アルソックの高齢者の安否見守りサービス「まもるっく」は、屋外での見守りに対応した機能が充実しています。当サイトはセコムとアルソックの独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較しています
アルソック(ALSOK)なら初期費用0円の「ゼロスタートプラン」もある
アルソックの安否見守りサービスはセコムに比べると費用が割安なのが特徴。当サイトはセコムとアルソックの独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較しています。
アルソック(ALSOK)の「見守り情報配信サービス」
アルソックの高齢者 安否見守りサービスの特徴は依頼に応じて安否確認・現場駆けつけが可能なことです。当サイトはセコムとアルソックの独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較しています。
アルソックの「みまもりタグ」位置確認端末
アルソックの「みまもりタグ」位置確認端末。アルソックでは高齢者の認知症など「徘徊」に関しての見守りにも取り組んでいます。それが「みまもりタグ」「みまもりタグアプリ」です。 「認知症」の初期など、本人の気持ちを尊重しつつ、さりげなく見守ることができます。