高齢者見守りサービスセコム(SECOM)とアルソック(ALSOK)を徹底比較!

アルソックの高齢者見守りサービス「まもるっく」

アルソックの高齢者見守りサービス「まもるっく」

 

アルソック高齢者見守りサービス「まもるっく」は、高齢者の屋外での「見守り」に対応した機能が充実しています。
高齢者,見守り,secom,セコム,ALSOK,アルソック,安否確認

 

中でも転倒感知というのはセコムにないサービスです。

 

一定の衝撃で倒れると、自分でボタンを押したり、紐を引っ張ったりすることなく、内臓センサーがアルソックに自動通報してくれます。

 

通知があるとアルソックのオペレーターが「まもるっく」の端末を使って、本人に状況を確認します(動けない場合でもハンズフリーで会話できます)。

 

仮に利用者が応答ができない場合でも、端末のマイクから周囲の音(うめき声や叫び声など)などで状況を把握し、緊急対応してくれるのです。

 

また、異常を感じた場合は、あらかじめ登録のある家族に連絡をとり、出動要請があったら、すぐに現場に駆けつけてもらえます。

 

アルソックへの自動通報サービス

高齢者,見守り,secom,セコム,ALSOK,アルソック,安否確認

 

たとえば転倒などの場合

 

アルソックに自動通報 発信

アルソックオペレーターが
本人に端末を使って状況確認
端末のマイクで会話可能

異常があった場合
アルソックから利用者の家族に緊急連絡

かけつけの有無を確認

現場に急行(オプション料金)

 

アルソックの強みは何といっても緊急出動が可能なところ。すぐに駆けつけられない家族に代わってプロが対応してくれるのはとても心強いサービスです。

 

別料金ですが、要請に応じて駆けつけてくれる安否確認サービスは何物にも変えがたく、オプション料金も良心的です。

 

「まもるっく」のサービス概要

高齢者,見守り,secom,セコム,ALSOK,アルソック,安否確認

  • GPSを使った位置情報提供
  • 位置検索を何度使っても追加料金なし

     

  • 緊急通報
  • 緊急時に中央のボタンを長押しすることでALSOKに通報

     

  • ハンズフリーでの通話
  •  

  • 転倒を感知
  • 内臓センサーが転倒して動けない状況を感知してALSOKへ自動通報

     

  • ライフリズム異常通知機能
  • 一定時間連続してボタン操作や内臓センサーが反応しなかったことをALSOKへ自動通報(安否確認機能)

まずは価格や仕様を知るためにも、資料を請求してみてはいかがでしょうか。

 

パンフレットを見ると、すぐに決めてしまいたい衝動に駆られてしまいますが
高齢者の見守りサービスを選ぶ際、他社との比較は大切です。

 

資料請求一つからサービスの比較は始まります。
スピードと資料請求後の対応は重要。
その一つ一つが緊急時の対応・サービス会社の姿勢を知るための大きな要素に
なるからです。

 

 

【資料請求先(無料)はこちら】

ALSOKみまもりサポート

 

セコムの高齢者緊見守りサービス

  

お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】資料請求

  

 

※閲覧の多い記事
高齢者見守りサービスを選ぶ際のポイントとは
アルソック(ALSOK)なら初期費用0円の「ゼロスタートプラン」もある
セコム(SECOM)の利用料金は高い?

関連ページ

アルソック(ALSOK)の「見守りサービス」は現場確認を依頼できるのが強み
高齢者見守りサービスの必要性が高まる中secom(セコム)とALSOK(アルソック)のサービスを比較をしてみました。独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較してみます。
アルソック(ALSOK)なら初期費用0円の「ゼロスタートプラン」もある
アルソックの見守りサービスはセコムに比べると費用が割安なのが特徴。当サイトはセコムとアルソックの独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較しています。
アルソック(ALSOK)の「見守り情報配信サービス」
アルソックの高齢者見守りサービスの特徴は依頼に応じて安否確認・現場駆けつけが可能なことです。当サイトはセコムとアルソックの独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較しています。
アルソック(ALSOK)はお得で安全なネットを使ったセキュリティサービス
高齢者見守りサービスの必要性が高まる中secom(セコム)とALSOK(アルソック)のサービスを比較をしてみました。独居老人対象のみまもりサービス・安否確認・緊急出動・徘徊位置情報提供など、さまざまな角度から比較してみます。